通常1000円の電子書籍⇒無料配布キャンペーン中!

ズルいくらい愛されたい

こんにちは、美織です。

この度、初めての電子書籍を出版しました!

この書籍、はじめは1000円で販売予定だったのですが、
普段私の発信を見てくださっている方に何かお返しをしたいと思い、

「無料ダウンロードキャンペーン」を行うことにしました!!

なぜ無料で公開するのか?

私自身、26歳まで自分に自信がなく
彼氏に嫌われることを恐れて遠慮や我慢ばかりしてしまい、
いつも本音を伝えられずに生きてきました。

その結果、たったの一度も
「愛されてる」と実感したことがありませんでした。

 

『そんな時、恋愛を勉強するようになって人生が変わった!』

 

…と言いたいところですが、
当時の私は、恋愛本一冊も、恋愛ブログ一記事も読んだことがなく、
「恋愛=学ぶもの」という意識は1ミリもありませんでした。

していたことと言えば、
「悩みをググる」「恋愛コラムを読む」「友達に愚痴る」
この3つだったんですよね。

その結果、何も現状を変えることはできませんでした。

 

それから、26歳の時に転機となる出来事があり、
私は理想の恋愛を叶えることができましたが、
正直、そこまでものすごく遠回りをしたと思っています。

 

なので、もしあなたが以前の私と同じように
彼氏や好きな人の前だと本音が言えず、
思い描く恋愛ができずに悩んでいるのであれば、

 

  • 幸せな未来まで遠回りをしてほしくない 
  • 過去の自分や周りの人から「ズルい!」と思われるくらい
    大切な人から愛される幸せな恋愛を叶えてほしい
     
  • 本音で自分らしく生きること
    自分の幸せにも、パートナーの幸せにも繋がることを知って欲しい 
  • 本当の意味で自信を持ち、自分の人生を楽しく生きる女性を増やしたい

 

そういった思いから
電子書籍無料プレゼントキャンペーンという形で
私の書籍を公開することを決めました。

アフターフォローもついています!

「幸せになるまで遠回りをしてほしくない」
「過去の自分や周りの人から『ズルい!』と思われるくらい
大切な人から愛される幸せな恋愛を叶えてほしい」

と言っておきながら、

 

『書籍だけ配って、はいおしまい!』

 

では意味がないと思っているので、
アフターフォローという形でメール講座をつけています。

もちろん、こちらも無料です。

 

メール講座でも、私が目指すゴールは一貫して
「本音を伝えられるようになることで、ズルいくらいに大切な人から愛される幸せな人生をつくる」です。

 

『自分の本音を知り、相手にも本音で向き合うこと』

この重要性を理解し、実践していくことで
自分のことも、彼のことも愛することができる恋愛を叶える方法を
経験や、私自身が学んできた知識や思考をもとに発信していきます。

 

現在、私はブログをはじめ、複数のSNSを使って発信していますが、
もっと読んでくださる方とコミュニケーションを取りながら発信したい
と以前から思っていました。

メルマガだとそれを叶えることもできるので、
幸せな未来を一緒に目指す同志となってくれるあなたと
たくさんコミュニケーションを取って進めていけたらと思っています♪

 

また、期間限定でシークレットプレゼントも用意しています…!

長い文章読むのが苦手という方でも
気軽に学べる動画コンテンツも今だけプレゼントしているので、
ぜひそちらもチェックしてもらえたらと思います。

電子書籍を通して学べること

以前の私が、“恋愛=学ぶ”という意識がなかった時を振り返ると、
今まで勉強したことがない分野を急に学ぶのは、
それだけでもハードルが高いことです。

なので誰でも読みやすくて、
だけど読んでいて学びになる書籍にしたいと思ったんですよね。

 

仕事がおわって「疲れた~」と家に帰ってきて
「さあ、難しい本読んで勉強するぞ!」ってならないじゃないですか?笑

私はちょっと無理です笑

 

なので、この書籍は

  • 私の経験談をもとにしたストーリー
  • 論文や難しい心理学の本のような内容ではなく、
    恋愛を学ぶ第一歩として読みやすい内容
  • でも、本音を伝えられるようになり理想の恋愛を叶えるために
    めちゃくちゃ重要なことを解説

といった感じで、あなたが寝る前の時間でさらっと読めて、
かつ、恋愛を学ぶきっかけ、一歩踏み出すきっかけとなる内容になっています!

あなたはこんな悩みはありませんか?

 

これらは全て、思い描く恋愛ができずに悩んでいた頃の私が思っていたことです。

この中に一つでも当てはまることがあるなら
ぜひ、下記より書籍を受け取ってもらえたらと思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました