「結婚が必ずしも幸せとは限らない」と同級生と再会して思った話。

理想の彼氏と付き合いたい

こんにちは、美織です。

 

先日、実家に2泊してきました。
一人暮らしを始めて4年が経ちますが、月1回は実家に帰ってます。

というのも、大学生の時から飼っている宇宙一かわいい愛犬に会うためです。

2020年現在8歳。帰る度に甘えてきて愛おしいんですよねぇ。

 

いつもなら、両親の休みに合わせて土曜に実家着、日曜の夜に帰宅コースなのですが
今回は金曜の夕方着で帰りました。

両親が仕事から帰ってくるまで、愛犬一人占めです♥

 

この日は梅雨も明けて、カンカン照りの猛暑。

重いリュックを背負っているせいで背中に熱がこもり、体感温度はさらに上昇。
背中を伝う汗がうっとおしく、駅から家まで20分弱の道を急ぐ私の顔も険しくなります。

 

「土曜なら駅まで車で迎えに来てもらえたのに…」

 

帰省を金曜にしてしまったことを後悔しながら汗を拭うと、
少し先に明らかにこちらを見ている人が視界に入りました。

赤ちゃんを抱っこしている同年代の女性。

 

・・・??!

 

少し近づくと、おそらく成人式ぶりであろう中学時代の同級生でした。

私「すごい!よく気づいたね!!」

友「うん!美織かもって思ったんだ~!」

 

私は中学を卒業してから地元との繋がりはほとんどなく、
いまだに会ったり、遊んだりする地元の友達は一人もいません。
(切ない話ではありません笑)

SNSのプライベートアカウントもなくて、地元の友達の近況も知らないので
久々の再会にとても懐かしい気持ちになりました。

 

  • いつ子供生まれたの?
  • どこに住んでるの?
  • どのくらいの頻度で実家帰ってきてるの?
  • 仕事は何してるの?
  • 地元の友達とは会ってる?

10分くらいの立ち話の中でお互い質問をし合い、なんとなーくの近況報告をして
「いつかお茶しよう~」なんて話をして別れました。

 

で、残りの家までの道を歩きながらふと思ったんですよね。

「アラサーになると、恋人とか結婚の質問ってされないんだな~」と。

20~25歳までは「彼氏いるの?」「何年後に結婚したい?」「同棲はしてるの?」
こういう質問って当たり前のように飛び交っていたし、
久々に会う友達との話題の9割は恋愛の話でした。

 

この記事を書いている2020年現在、私は29歳。

そういえば、26歳の第2次結婚ラッシュあたりから
恋人や結婚についてを質問はされなくなったな~と思ったんですよね。

というか、結婚している人が、結婚していない人にそういった質問をするのは失礼
と感じる年齢になったのかなと。

 

再会した友人が、私に彼氏や結婚の話を聞くのは失礼だと思っていたとは限らないですよ笑
だから聞かれなかったんだと言うわけではもちろんありません。

 

ただ、結婚適齢期という言葉があるくらいなので、
潜在的に“普通だったら”結婚している年齢っていう意識があるものです。

29歳はとっくにそこに達している年齢ですよね。

 

その意識が潜在的にあることで、結婚できていないと可哀想…まではいかなくても
恋愛事情というのは、結婚している側からしたらちょっと聞きづらい話題だったり、
していない側からしても、少し引け目を感じるような話題だったりするんですよね。

「結婚できていない私は、結婚している人に比べて女との幸せを掴めていない…」
と思ってしまう原因もここにあるのでしょう。

私も26歳くらいまでは、周りの結婚報告を聞く度に焦ってましたし、
自分には相手がいないこと、相手がいても心から好きと思えないことに
引け目を感じまくっていました。

 

ですが、今は結婚していなくてもそんな風に思うことはありません。
むしろ今が一番人生充実していて幸せ!と心の底から思えていて、毎日を楽しんでいます。

 

こう言うと、

「美織さんは恋愛の情報発信しているくらいだし、
相手がいるから結婚していなくても幸せとか言えるんでしょ。」

と思うかもしれません。

 

正直な話、たしかにその通りです。

一緒にいて居心地がいいと思える恋人がいて、彼も私のことを大切に想ってくれている。

恋愛を通して感じる幸福感は特別なので、
大事な恋人がいることで幸福度は上がるものだと個人的には思います。

 

ただこれは私の価値観であって、恋愛=幸せ、結婚=幸せというのは
全ての人に当てはまるものではないんですよね。

恋愛や結婚をしているから必ずしも幸せなわけではありません。

 

私が、「今が一番人生充実していて幸せ」と思えているのは、恋愛以外にも理由があります。
それは働き方・生き方の変化があったからです。

 

前々職はアパレルの仕事をしていて、一番遊べて一番若いと言われる20代前半は
休日も少なければ、まとまった休みも取れない…そんな毎日でした。

連休が取れず恋人と旅行に行くこともできない、シフトの都合で友達とも予定が合わない、
土日休みの家族との時間もなかなか取れない、おまけに低月給。

社会人って辛い、大変だといつも思っていました。

 

そこから転職を経て2019年に会社を辞め、今はフリーで仕事をしているのですが、

  • 朝目覚ましをかけずに好きな時間に起きれる
  • たまにお昼頃まで彼氏とベットでゴロゴロする
  • 好きな時に、好きな場所に出かけられる
  • いつでも仲の良い友達と会える(しかも次の日を気にせずに)
  • 彼と一緒にカフェやスパで仕事ができる(お互いフリーなので)
  • 好きな時に実家に帰れる

今の私はこんな毎日を送っていて、好きなことだけを選択している人生です。

 

幸せを決めるのは、恋愛、結婚をしているかどうかではなくて
自分の心に素直に、好きなことを選択できているか…
つまり、本当の意味でありのままの自分でいられる人生かどうかです。

 

もちろん結婚によって手に入る幸せはあると思いますが、
結婚は、幸せになるための手段の一つでしかないんです。

 

「幸せになりたいから結婚したい→相手を探す」ではなくて、
「自分が人生楽しんでいる時に出会う→その人と幸せになる」これが正しい順番なんですよね。

 

なんだかそれっぽいことを話しましたが笑

私も「幸せになりたいから」「彼氏が欲しいから」といった理由で
出会いを探してしまっていた時期がありました。

 

相手の本質的な部分は全然見れていなかったせいで、
付き合って彼氏ができても、相手を心から愛することができず、
少しでも自分と価値観が違うところを見つけると気持ちが冷めて別れてしまう…
この繰り返しでした。(一生恋愛うまくいかん笑)

 

逆の立場になって考えてみると、「幸せになりたいから」「彼氏が欲しいから」という理由で
出会いを求めるのがよくないのかすぐに分かります。

 

たとえば、あなたが付き合っている彼氏から

「彼女が欲しいから君と付き合った」
「横に連れて歩いても恥ずかしくなさそうだから君を選んだ」

こんなことを言われたらどう思いますか?

 

「それなら私じゃなくてもいいじゃん!」と思いますよね。
ちゃんと私を見てよ!と傷つきませんか?

 

20代前半の時に、私もこれを知りたかったです笑

自分がされたら嫌なことを、相手には平気でしてしまっていたんだなあ、
そりゃ幸せな恋愛なんてできないわけだ、と今ならわかります。

 

そこから、今の彼と出会ったことをきっかけに

◆理想の相手がどういう人なのか
◆自分が好きなことを選択して生きるためにはどんな相手が合うのか

自分の本音と向き合ったことで、私は理想の恋愛を手に入れることができました。

 

そして今は、『理想の恋愛を叶えることで自信を手に入れて、
人生今が一番幸せ!というレベルの幸せを叶える女性が増えて欲しい』
という思いで情報発信をしています。

 

私たち日本人は、我慢が美徳という価値観が強く、
好きなことを選択することや、自分の意見を言うことなどに対して遠慮しがちです。

「人に迷惑をかけて自己中な女性になれ!」というわけではありませんが、
恋愛でも仕事でも、一度きりの人生なんだからもっと自分に素直になっていいのに。
そしたら今よりもっと幸せになれるのに。と思うんですよね。

 

私も今の彼と出会う前は、恋人に言いたいことも言えず、甘えることもできず
自分の気持ちに嘘ばかりついて、外面だけいい人間でした。

それが、自分に素直になって感情を開放したら
素直に相手を愛することができて、相手からも愛されるようになって
自信も行動力もついたのです!

実は脱サラしたのも、先に自分でビジネスを始めた彼の影響が大きいです。

 

理想の恋愛を手に入れたとか、脱サラしたとか聞くと
「私にはできないな」「自分とは違う世界だな」と思うかもしれませんが
全くもってそんなことはありません!

だって私なんて、26歳まで恋愛こじらせまくりでしたもん。
気になる方はこのあたりの記事見てみてください↓

 

そんな私が、恋愛も人生も幸福度が上がったことで
恋愛ってほぼマインドの問題じゃん!もっとみんな幸せになろう!
という思いで一冊の書籍を書きました。

 

自分が人生楽しんでいる時に出会う人って?
自分の心に素直に、好きなことを選択するって?

この記事で書いた考え方についてや、これに基づいた恋愛がどんなものなのかも
詳しく解説しています。

 

今なら、LINE登録者限定で無料プレゼントしているのでこの機会にぜひゲットして
本当の意味での幸せを手に入れる一歩を踏み出してほしいなと思います♪

 

【追伸】

今日の記事内に、海の写真が何枚か出てきたと思います。
私の実家は江の島の近くなんです~!

帰省中は愛犬の散歩に行ったり、母と庭で花火をしたりして楽しみました。

 

好きな時に実家に帰れるのも、心に余裕を持って家族との時間を過ごせるのも
彼との出会いのおかげだと思うと、恋愛一つで人生も変わるものですね。

出会いって大事。
パートナー選びって大事。
パートナーの存在って大事。

 

書籍は下からチェックしてくださいね~!

 

※個人情報は厳正な管理をしており、 第三者への漏洩はございませんのでご安心ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました