20代の私が「もう好きな人なんてできない」と思った3つの理由

理想の彼氏と付き合いたい

こんにちは、美織です。

 

今回は、誰もがきっと1度は思ったことがある恋愛の悩みについてです。

タイトルにもある通り、「もう好きな人なんてできない」をテーマに
20代前半の私の経験をもとに話していこうと思います。

 

20代になって訪れた2回の結婚ラッシュ。
そんな中、自分には相手すらいなかったり、相手がいても本気になれていなかったり…

「なんでみんな結婚を決意できるほど好きと思える人と出会えるの?」
20~25歳の頃、ずっと不思議でしょうがなかったです。

 

そして、次々に入ってくる同棲・入籍・結婚・出産報告。
友達と遊んだある日、左手にキラリと光る婚約指輪を見た時は羨ましくてしょうがなかったっけ…

 

SNSでも目にするのは、デートや結婚式や子供の投稿。
自分はそんな相手にすら出会えていないのに…と思うと
何だか見るのも嫌になって、アカウントを消したこともありました。

たしか25歳の頃だったと思います。

仕事も恋愛も、自分なりに全力で向き合ってるのに空回ってばかりで
人の幸せを羨んでしまう程、心に余裕がなかったんですね。

 

今は人生充実していて、人の幸せももちろん喜べるようになりましたよ笑

プライベート用のSNSアカウントは、いまだに作っていないので
直接会うことがない友達の近況は全くわからなくなりましたが笑

でも、大事な報告をしたい子には直接会って話しますし、
個人的にはSNSを辞めて悪かったことは一つもないですね!

 

特に女性は、周りと比べて自分の幸せを計りがちです。
息抜きのつもりで見たSNSで暗い気持ちになるのなら、SNS断捨離おすすめですよ!

周りと比べてしまうことで、今ある自分の幸せを見失わないようにしてくださいね(^^)

 

この記事では、もう好きな人なんてできないと思い
人の幸せを羨んでばかりいた私が、そう思った理由3つをお話しします。

もう好きな人なんてできない…と思う理由

↑余談ですが愛犬です。宇宙一かわいいです。

 

さて。本題ですが「もう好きな人なんてできない」と私が過去にこう思った理由は3つです。

  1. 過去の恋愛を引きずっている
  2. 出会いがない
  3. 人を好きになりにくい

過去の恋愛を引きずっている

「大好きだった人が忘れられない」
「あの人以上に好きと思える人には、人生でもう出会えない」

誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 

大学時代に3年間働いたバイト先で、私は同い年の人に片思いをしました。
ここでは、彼をR君と呼びましょう。

 

最初は、ただのバイト仲間として仲良くしていたのですが、
大学3年の夏休み、バイト前の時間に一緒にマックに行ったり、将来の相談を聞いたり、
二人で会う時間が急激に増えて、次第に恋愛感情を持つようになりました。

こんなに一緒にいて楽しいのも、好きだと思えたのも、本音で話せるのも、R君が初めて!
私の恋心は日に日に大きくなっていったんですね。

 

でも、R君には彼女がいたので、私が一方的に好きなだけでしたが、
「こんなに好きと思える人に出会えたことが幸せ!」と思っていたので、
辛い気持ちもなく、この恋心を楽しんでいました。(脳内お花畑)

 

ですが、好きという気持ちだけでも本人に伝えたいと次第に思うようになったんですね。
あるあるですよね、この気持ちを私の胸の中だけには抑えておけない!的なやつ。

 

そして、ある日のバイト終わりに一緒に帰っている時、

「R君のこと好きになんだよね。
でも、付き合いたいとかではないから。言いたかっただけ!」
(うろ覚えです。たしかこんなニュアンスでした。)

と伝えました。

 

これでけじめ付けられた!と私的には思ったのですが、
R君から返ってきた言葉は想像していたものとは違いました。

「俺も好きだよ。でも彼女と別れることはできなくて…
美織がよければ、二人で遊んだり会うのはこれからも続けたい。」
(ちなみに健全な関係です)

 

・・・

 

俺も好きだよ!?

いやいや、嬉しいけどそれは反則でしょうに!

 

とは思ったものの、女子大でサークルにも入っていなかった私は
次の出会いがすぐにあるわけでもなく、夏休みはR君と会い続けました。

 

しかし、その2か月後。

私からの好意が迷惑だと、他のバイトメンバーにR君が言っていたことが発覚。
さらには、同い年のバイトメンバーの女の子と体の関係を持っていたことも発覚。

そして、私がそれを知ったと気づいたR君は
あからさまに私に対して冷たい態度を取るようになったのです。(謎)

バイトに行ったら会ってしまうし、こっちは普通に接しても冷たくされるし、
駅から家までの帰り道はよく一人で泣いてましたね笑

 

バイトを辞めるころには仲直り?しましたが、
この実らなかった恋愛を私は2年引きずりました。

初めてあんなに人を好きになって、一度は向こうも好きといってくれて…
R君を嫌いになりきれなかったんですよね。

 

引きずった年数や、どのくらいの大恋愛だったかは人それぞれなので、
その気持ちの大きさは本人にしか分からないですし、誰かと張り合うものでもありません。

でも、過去の恋愛を引きずった経験がある一人として、
その人よりも好きと思える人に絶対出会えるよ!
だって世の中たくさん男性なんているじゃん!全員見たわけじゃないじゃん!と私は思います。

 

過去の恋を忘れるには新しい恋!とはよく言ったもので、
新たな恋に夢中になれたら、過去の恋は自然と乗り越えられます。

 

今あなたが過去の大恋愛を思い浮かべて

「出会いの場に行っても、どうせもう好きな人なんてできない」

と思っているだけなのであれば
いやいや出会ってみよ?時間もったいないから!他にも素敵な人っているから!
とアドバイスします。

 

ですが、「まだあの人のことを忘れることができない」と思っていて

「その人を忘れるために新しい恋愛をしよう」

というのであれば、無理に次の出会いを探さなくてもいいんですよ(^^)

 

というのも、無理に忘れるというのは人間できないので
それなら、その人への気持ちにけじめをつけてから新しい恋を始めることをおすすめします。

 

思い出は美化されていくものです。

もう一度気持ちを伝えてこの気持ちにけじめをつけよう!と彼と再会してみたら
意外と「この人にこだわらなくてもいいな」と思えることもあります。

なんで彼にこんなにこだわってたんだろう、と。

 

環境が変わってあなたが成長すると、惹かれる人も変わるのでそれは当然。

忘れられない人がいるのなら、次の恋に進むためにも
再会して気持ちを再確認してみるのもいいですよ。

出会いがない

社会人1年目のクリスマス直前。私は高校1年生ぶりに彼氏ができました。

大学卒業後はアパレルの会社に就職し、職場には女性しかいない環境で
特に男性との出会いもなく過ごしていたところ、先輩に7歳年上の人を紹介してもらいました。

 

初めて会った日は先輩も交えてご飯に行き、後日二人でご飯に行った時に告白されたのですが
正直まだ好きという感情はなくて、でも特別断る理由もないからとOKして付き合うことに…

よろしくないですね笑

 

半年ちょっと付き合ったのですが、

社会人2年目の夏、よくある「価値観が合わない」を理由に別れ、
「このまま仕事と家の往復してたら新しい出会いなんてない…」と焦ります。

 

同じ年の夏、友達と遊びに行ったテーマパークで出会った人と
その後、付き合うことになるのですが…

 

 

この男性との結末を知りたい方は、ぜひこちらの記事を読んでみてください笑↓

で、この結末を迎えて我に返ったんですよね。

「出会ってすぐに相手を好きになるのはもうやめよう」と。
出会いの分母が少ないこともあってか、その頃の私はかなり惚れやすい体質でした。

 

■出会ってきた人(経験)が少ないので、どういう人が自分に合うのかわからない
■次々出会いがあるわけではないので、少しでもいいと思ったら簡単に好きになってしまう
■ここで逃したら、もう出会いなんてないんじゃないかと思っていた

当時の私はこんな感じで、好きになって付き合えても結果上手くいかず、
「次の出会いなんてないし、彼氏なんてもちろん、好きな人さえできないわ」
別れた後は毎回こう思っていました。

恋愛投げやり期でしたね笑

 

「いや、出会い増やせばいいだけじゃん!?」
と思ったあなた!大正解!笑

 

出会いがないと嘆くくせに、私がしていた活動といえば、
たまーに誘われた合コンに行く、(1回だけ)街コンに行く程度。
※この頃はマッチングアプリってまだなかったですね~時の流れを感じます

とにかくめちゃくちゃ受け身だったんですね…う〇こです。

 

当時の私だけに限らず、
白馬に乗った王子様がいつか現れるなんて思ってないけど
自分から積極的に出会いの場にはいけない女性、
「紹介してほしい」と友達に頼むこともできない女性って意外と多いです。

これって結局は、出会いを待ってしまっているんですよね。

 

でも、その時間って本当にもったいない!

 

よくわからないプライド自信のなさで受け身になり、
20代前半に恋愛を全く謳歌できなかった私が言うんだから間違いありません。

 

モタモタ待っているうちに年だけ取っていくんだよ!
さらにその間に、周りは結婚していくし出産も経験してるんだよ!!
一番若いのは今なんだよ!!!

 

少し熱くなってしましましたが笑
でも、出会いがないなら出会いに行くしかないんです!

「出会いがなくて、もう好きな人なんてできない」と思うなら
今すぐあなたの恋愛モードをオンにして、アプリでも紹介でも合コンでもいいから出会いましょう。

 

たとえそこから恋が始まらなくたって、次に活かせますし、
自分はこういう人がいいな、こんな恋愛がしたいなと自分の理想と向き合う機会にもなりますよ!

人を好きになりにくい

「さっきは惚れやすい体質って言ってたのに、
今度は人を好きになりにくくなったの?メンヘラ?」

と思ったかもしれません笑

 

出会ってすぐに相手を好きになるのはやめようと決意してから、

「私ってそもそも彼自身を好きになってたのではなくて、
とにかく彼氏が欲しいかっただけだったんだなぁ」

と気づいたんですよね。相手の本質的な部分を全く見れていなかったんです。

 

自分にとっての理想の恋愛・理想の相手を知らずに恋愛したって
そりゃ上手くいくはずがありません。

どんなに相手がいい人でも、自分に合う人を選んでいないのですから。

 

出会いはあるけど、なかなか人を好きになりにくい。
付き合ってみても、いつも本気になれない。

これの原因は、理想の高さ彼氏への憧れの強さです。

 

よく、出会う人はその時の自分に見合った人と言いますよね。
これはその通りです。

相手に対して「こんな低スペックな人嫌だ!」と言っている時点で、
今のあなたはその程度なんだよってことですね。

 

そもそも、人を好きになる条件にスペック(年齢・地位・職業・容姿など)を並べてる時点で
理想の恋愛、幸せな恋愛から遠ざかってしまっています。

これがどうしてかわかりますか?

自分を満たしてくれる人を欲していたり、
周りから羨ましがられるような人を求めているからです。

 

  • 年収4桁で、いつでも好きなものを買ってくれる人がいい
  • 身長は180cm以上で、塩顔の人がいい
  • 年齢差は3歳以内がいい

ついつい、こういった相手への注文を並べてしまっていたら要注意!
これは理想の条件ではなく、相手に対する注文なんです。

 

あなたは、何のために恋愛をするのでしょうか?
理想の恋愛を思い浮かべてみてください(^^)

 

ちなみに、私にとっての恋愛は、
「お互いの心が満たされて和めるもの」です。

 

上に並べた注文は、相手と一緒に叶えたいことじゃなくて
自分の心を満たすためだけのものなんですよね。

それなら、恋愛ではなくパパ活で十分です。

 

相手への注文と理想の条件をごちゃまぜにしていると、
せっかく出会いがあっても、相手のいいところに気づきにくい(人を好きになりにくい)です。

「優しいし一緒にいて楽しいんだけど、身長165cmなのがなぁ…」
というように、本当は運命の相手かもしれないのに条件で切ってしまうんですね。

…もったいない!

 

「誰と出会っても人を好きになれない。もう一生好きな人なんてできないかも」
と思っているのであれば、まずはあなた自身が
出会った人をどういう視点で見ていたかを思い出してみましょう。

注文をつけてしまっているのか、理想の条件に当てはまらなかったのか、
ここは運命の分かれ道です。

 

理想の条件がわからない!という場合は、ぜひ私の無料書籍を読んでみてくださいね。

最後に

最後まで読んでくださりありがとうございました。

「もう好きな人なんてできない…」と思っている時は、
自らチャンスを遠ざけていたり、チャンスに気づいていないことさえある
ということに気付いてもらえましたか?

 

どんな人と出会いたいのか、どんな恋愛をしたいのかを考えることは
幸せな恋愛を叶える上でとても大事なことです。

これがわかっていないということは、
地図を持たずに知らない国を旅するのと同じことです!

 

この記事を読んでくださったあなたには、
自分を満たすためではなく、相手と叶えたいこと、二人でつくりたい未来にフォーカスした
素敵な恋愛をしてほしいと思っています。

 

そんな恋愛を叶えるために必要なことを書籍にしたので、
ぜひ下記からチェックしてもらえたら嬉しいです♪

それでは、次回の更新でお会いしましょう。

 

※個人情報は厳正な管理をしており、 第三者への漏洩はございませんのでご安心ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました