全てはこの出会いが始まり。わたしが情報発信を始めるまでの物語

Uncategorized

光成&美織の恋愛研究所へようこそ!
はじめまして、美織です。

 

私たちの研究テーマは、

『ジジババになっても手を繫いで散歩している幸せな未来をつくる』です。

 

今あなたが心から「大切」「愛おしい」「大好き」と思う人
50年後、どんな未来を歩んでいたいですか?

 

◆今と変わらず、お互いがお互いを大好きでいられる関係性でいたい
◆おじいちゃんおばあちゃんになってもペアルックでお出かけしたい
◆何歳になっても愛情表現し合える二人でいたい

 

それぞれが思い描く幸せな未来があるはずです。

 

50年後の幸福をつくるのは、パートナーとの”今”

このブログでは、今を充実させることで、理想の未来を手に入れるために
必要な知識を女性向けに発信していきます!

 

具体的には、

  • 理想の恋愛を手に入れるために必要な行動、マインド
  • カップルがぶつかる問題の解決方法
  • 同棲生活のコツ・悩み解決方法

これらを、経験談や恋愛心理学にもとにお伝えしていこうと思っています。

 

相談や質問をいただければ、それをテーマに発信することもあるので
ぜひLINEからご連絡ください!

光成&美織の出会いから現在まで

まずは自己紹介を兼ねて、
わたしと光成の出会いから現在までのストーリーをお話ししようと思います。

光成&美織の出会い

当時、わたしは渋谷にある会社で働いていました。

 

ある日、友達とご飯の約束をしていたので、定時で仕事を終えて
すでに待ち合わせ場所に到着している友達のもとに足早に向かいます。

 

すると、

「こんばんは!」

突然、知らない男性に声をかけられました。

 

(急いでるし、早足で歩いてるのになんで声かけてくるんだ。無視しよ。)

スタスタスタ…

 

「どこ行くの?」

無視したはずのに、その人はずっと話しかけてきます。

 

ナンパしてくる人なんて、大体無視していればすぐに去っていくはずなのに
諦めが悪くポジティブに話しかけ続けてきたので、つい笑ってしまいました。

 

ここで食いついたと思われても困るので、

「すぐそこで友達と待ち合わせしてるので、さよなら笑」

と言いましたが、それでもなお一緒に歩いてついてきます。

 

「変な人がついてきたから、すぐ出てきて~」

と友達に電話をして、待ち合わせ場所の薬局からすぐ出てきてもらいました笑

 

そして、友達が出て来てもなお
「じゃあLINEだけ交換しようよ」と食い下がってくる…(しつこい笑)

まあ、LINEならすぐブロックすればいいやと3人でLINE交換をして、
ようやくナンパ男から解放されました。

 

勘のいい方は、もうお気付きかと思います。
この渋谷でナンパしてきた人=光成です笑

それからの光成&美織の関係

ナンパしてきた人と付き合うなんてありえないわ~と思う人もいるかもしれません。

安心してください。わたしもそう思っていました笑

 

わたし自身、恋愛経験が多い方ではありません。
…少ないと言った方が正しいです。

それまで付き合った人とは、先輩の紹介や合コンが出会いでした。

 

なので、ナンパで出会った人とご飯に行くことすらわたしの中で常識外でしたし、
そもそも道で声をかけてくる人なんて怪しい!絶対チャラい!とも思っていました。

付き合うなんて以ての外でしたね笑

 

それに、当時わたしには付き合っている人がいました。

 

・仕事がものすごく忙しくて、1か月に1度も休みがない
・1年付き合っていても、片手で数えられるくらいしか会えていない
・1年付き合っているのに体の関係0

 

ただこういう状況だったので、正直愛されている自信もなく
でも思っていることを伝える勇気もなく、
ちょうどこの先も付き合っていくか悩んでいた時期でしたね…。

 

それでも好きだったので、付き合っている間はもちろん浮気したこともないですし、
他の男性と連絡を取ったり、ご飯に行ったこともありませんでした。

 

渋谷でナンパしてきた光成と連絡を取る気も当然なかったわけで、何通か来たLINEを無視。

 

そのまま3カ月程経ち、実家に帰っていたある日。
わたしは悪魔の囁きに応えてしまうことになるのです…

 

特にやることもなく、母とお菓子を食べていたところ、

ブーーー

スマホが鳴りました。

 

「あ、LINEだ!彼氏かな!」

久々に忙しい彼氏から連絡が来たと思い、ワクワクしながらスマホを見ます。

 

…が、わたしの期待も虚しく、それは光成からのLINEでした。

 

「げ、いつだかのナンパ男じゃん。数か月経つのに、よく連絡してくるな。」

 

と思いつつも、当時の彼氏から構ってもらえない寂しさ8割、暇つぶし(失礼すぎる)2割で返信をしてしまったのです。

 

ただ、その日の何通かやりとりの中で
「今度飲み行こうよ!」と誘われた時はさすがに悩みました。

 

彼氏への後ろめたさ、これまで貫いてきた彼氏への想い。
ここで「いいよ」と言ったら何かが崩れてしまう…

そんなことを感じながらも、わたしは「いいよ」と返事をしたのです。

 

そして、ナンパされた日ぶりの再会。

 

わたしは人見知りで、初対面の男性と二人で話すのが苦手だったで、
その日は待ち合わせから緊張していました。

 

ですが、その緊張を吹き飛ばす勢いで始まる光成のマシンガントーク笑

そのせいで、ラストオーダーで頼んだ飲み物は
1ミリも減らずに閉店の時間が来て退店しました。

 

ただ、マシンガントークの中でも、わたしの話も丁寧に聞いてくれて、
ちゃんと向き合って話をしてくれる姿勢に不信感は徐々に減っていき、
数時間の間で、わたしは少しずつ本音で話せるようになっていました。

 

そしてその日を境に、光成とは何度かご飯に行くようになったのです。

 

歴代の恋人とは、定期的にデートに行くことも、頻繁に会うこともなかったので、
「こういうの恋人っぽいな~♪」と浮かれ、光成に好意を持つのも一瞬でした。

 

一度気持ちが外に向いたらそこまで。

この気持ちのまま、付き合うことはできないしこれでは失礼だと
ここで、当時付き合っていた彼氏と別れることになります。

 

げ、乗り換えじゃん!?と思うかもしれませんが、
この後すぐに光成と付き合ったわけではありません。

 

というのも、私が好意を伝える前に

「今はビジネスに力を入れたいから彼女をつくる気はない」

好意を伝える前に振られましたからね笑

 

そんなこと言われたら、今までわたしなら会うのをやめるところですが

  • 単純に好き
  • 一緒にいると楽しい
  • 急いで恋人を作る気はない
  • 付き合うという関係にこだわっていない

こういった気持ちだったので、その後も会いに行っていました。

 

今までで一番恋人らしい!とわたし自身楽しんでいましたが、
当時26歳。周りの友達は結婚をして育児をしている子も多い年齢。

中途半端な関係を心配されたこともありますし、
ずっとこのままでいいと思っていたわけではありません。

 

ですが、一番仲の良い親友に

「元彼と付き合っている時は辛そうな顔ばっかりしてたけど、
今の美織は見てて幸せそうだし楽しそう」

と言ってもらえたことで、曖昧な関係でも
光成と一緒にいる自分を否定せずにいられました。

この人と一緒にいる自分が好きだと思えたんですよね。

 

そして、この曖昧な関係は約10か月間続いたのです。

光成&美織の新しいスタート

今思い返してみると、よくそんな長期間
中途半端な関係のまま過ごしていたな、と思います笑

 

ですが、付き合っていないからといって
適当に過ごしていたわけではありません。

この期間を通して、お互いが自分らしくいられる相手であることを知れたり、
心から信頼できるようになれたからです。

 

そして、晴れて恋人としてのスタートをきることになりました。

 

えっ、10か月も曖昧な関係だったのになんで付き合えたの!?

 

うんうん、気になりまよね笑

 

「10か月片思いしていても、諦めなければ恋人になれるんだ!」
「ナンパしてきた人とでも、真剣に付き合えるんだ!」

と思うかもしれませんが、そんなにキラキラしたストーリーではなくて笑

 

声を大にして言えることじゃないですし、綺麗な物語をお話したいところですが、
この10か月は、世間一般的に言うとセフレみたいなものでした。

お互い好意的に思っていて、デートやご飯にも行くけれど
関係性は”恋人”ではなかったので、セフレに毛の生えたようなものですよね。

 

最初の数か月は、わたしも急いで恋人をつくるつもりもなかったので、
光成と一緒にいると楽しいし、恋人じゃなくてもいいやと思っていました。

 

でも、半年くらい経つと…

「この関係に未来はあるのかな?付き合えるのかな?」

「いや、そもそも付き合うってなんだ?今と変わらなくないか?」

「付き合うって、ただの口約束でしかないし」

「今まで付き合ってきた人との関係より、光成との関係の方がよっぽど恋人っぽいし」

「てか、『私たちの関係って何?』なんて聞いて、会えなくなる方が嫌だ…」

この無限ループを繰り返して、「聞きたい、今日こそ聞こう」と思うのに
話を切り出せないまま月日は経っていきました。

 

そして、運命の日がやってきます。

ある日、いつもと同じように光成の家でゆっくりしていると、

 

光成「今日は大事なお話があります」

 

少しふざけた口調なのに、何となくいつもと違う様子がして嫌な予感がしました。

 

「俺、大阪に引っ越そうと思うんだよね」

 

その前の週、光成は友達に会うために大阪に行っていました。

この年に脱サラをして、働く場所はもちろん住む場所も自由に選べるので
友達の影響を受けて環境を変えてみようと思ったそうです。

 

衝撃的な一言を言われ、フリーズしました。

 

「あ、終わった。もう会えなくなるんだ。」

 

悲いし、寂しい、意味がわからない、引っ越す必要ある?
色んな感情でいっぱいになって、過去最大級の過呼吸レベルで、涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりながら泣きました。

 

ここまで泣くわたしを見た光成は、
こんなに自分を好きでいてくれたんだ、必要としてくれていたんだと感動したらしいです。

そして光成もなぜか泣いてました。(これ見られたら怒られそう笑)

 

美織「会えなくなるのは無理だから1か月に1回大阪行く」
光成「俺も2か月に1回とかは東京帰ってくると思うよ」

光成「こんなに想ってくれる子、本当いないと思う」
美織「じゃあ、なんで付き合わないの?」
光成「うーん、悩む…」

 

何、悩んでるんだよ!はっきりしろよ!

 

光成「美織ほどいい子はいないし、彼女になってくれたら幸せだと思うけど、
最初は好き好き言ってくれてても、裏切られた経験あるし悩む。」

 

ナンパをしていて、彼氏がいてもついてくる子や
会ってすぐなのに身体を許す子をたくさん見てきていたので、
女の子を信用できなくなっていたそうです。

(お前が言うな、とわたしは思っていましたが笑)

 

約2時間の話し合いの末、わたしの一途すぎる気持ちを信じてくれたようで、
光成からの「付き合おっか」の一言で、晴れて恋人になったのです。

 

※この日から約3か月後、「やっぱり大阪行くのやめたわ!」と光成の大阪行きはなくなりました。

 

何なん?わたしの涙返せ

と何度も言いましたが、このきっかけがなければ付き合っていなかったのかも…
と思うと無駄ではなかったのだと思います笑

 

 

それから、さらに月日は流れ…

付き合ってから約2年後の2019年の11月から同棲を始めて
一緒に作業をしたり、家で映画を観たり、楽しい毎日を過ごしています。

 

ちなみに、ナンパしてきた人とでも真剣に付き合えるかどうかはその人に寄ります。

彼女ができてもナンパは続けるという人いるみたいなので
気持ちに応えてくれたからといって、安易に信用しすぎないでくださいね。

 

わたしの場合は、もうナンパはしていない、これからもしないという確証を得た上で付き合いました。

 

また、過去にナンパなんてしていた人と付き合いたくない、
普通に無理!理解不能!信用できない!(言い過ぎ)
という人ももちろんいると思うので、自分の価値観と相談してくださいね。

 

わたしは、過去に色んな女の子を見てきた上で
「こんなにいい子はいない」と言って選んでくれてありがとう!と思ってますが、
決してナンパ師と付き合うことを無責任に勧めてはいないので笑

 

そう思うと、わたしは多分運がよかったんだな~と思います。

ナンパの出会いから、こんな未来になるなんて全く想像もしてなかったですし、
ナンパで出会った人が、こんなに特別で大切な人になるとも思っていませんでした。

あの日、渋谷で声をかけてくれた光成には感謝しています。

情報発信を始めたきっかけ

 

このブログは、わたし一人が書いているものですが、
YouTubeでは、二人で恋愛知識を発信しています。

ここで、恋愛の情報発信を始めた理由もお話しようと思います。

会社員として働き続けることへの違和感

付き合い始めた頃、光成はすでにネットビジネスをしていて、わたしは会社員でした。

 

特に会社への大きな不満もなく働いていましたが、
光成との将来を考えた時に、ふと会社員として働き続けることへの違和感を感じたのです。

 

時間も場所も選ばずに働くことができる光成に対して、正反対の自分。

  • 結婚前に二人でたくさん旅行に行きたい
  • 将来家族になったら、子供の帰りは迎えてあげたい
  • 帰ったらご飯を作って、家族全員で食べたい

想像しているわたしの”幸せ”は、会社員のままでは叶えられないのではと思ったのです。

 

おそらく、会社員同士だったらこんな風には思わなかったかもしれません。

早く帰った方がご飯を作ったり、わたしがパートタイムに切り替えるなど
脱サラ以外にも方法はありますからね。

 

でも、会社員でなくても生計を立てる方法がある。
それを叶えている人が身近にいる。

それを知ってしまったら、わたしも脱サラするしかないじゃん!と脱サラを決意したのです。

脱サラを決意し、せどりに挑戦

もちろん、とりあえず会社辞めちゃお~♪
なんてノープランで辞めたわけではありません笑

 

会社を辞めても収入を得られるよう、
まずはブログを開設して情報発信を始めました。

 

…が!!!

亀のようなペースで20記事くらい書いてみるものの、
本当にこれで生活できるのか!?と稼ぐイメージが全くできず続きませんでした。

(当時の自分に、甘いこと言ってる場合じゃないぞと説教しに行きたいです笑)

 

とはいえ、会社を辞める決意は揺らがず、
2019年3月に上司に退職を考えていることを相談。

 

この頃、せどりでネットビジネス再デビューをします。

 

せどりは「安く仕入れて、仕入れ額より高く売れば儲かるビジネス」なので
収益化できるのが早いと言われています。

今回こそは生活がかかっている!失敗できない!と
月額5万のコンサルを受けて始めました。

 

…が!!!!

 

これが、壁にぶち当たりまくる日々のスタートでした。

 

まず何が大変って、仕入れです。

せどりをやっていたら、仕入れるなんて当たり前すぎることです。
両足を交互に出したら歩ける~レベルに当たり前です。

 

しかし、仕入れ=ボーナスももらえないわたしの口座から瞬く間にお金が減っていく
だったんですね~。

 

  • メニューがないレストランにお客さんが来ないのと同じで
    ある程度、初めは商品数も出さないと商品が売れない
  • 販売履歴がない初期は売れない

つまり、クレカで仕入れをして引き落とし日までに利益が入ってくる予定が、
そう上手くいかなのが現実だったんです。

 

また、作業自体にもなかなか生産性を見出せずにいました。

 

商品のリサーチに時間をかけたり、店舗仕入れに行っていると、
「これで稼げるようになっても、実働=収入で稼げるお金には限界があるな」と思ってしまったり。

(稼げるようになってから言え!)

 

機械的な作業が続き、「これをやっていて、自分のためになるのだろうか」と思ってしまったり。

(稼げるようになってから言え!!)

 

将来のために、前向きに始めたはずなのに
気づけばネガティブな考えばかりが増えていく一方でした。

 

しかし、退職を決めたからには
辞めた後のために稼げるようにならないと…と作業する日々。

 

仕事後、20時半に帰宅し夜ご飯とお風呂を済ませて3時まで作業。
休日はひたすら作業をしてました。

 

作業量が辛いのではなく、「楽しい」と思えないことがきつくて、
始めてから2か月くらいはよく光成の前で泣きまくり笑

 

「そんなに辛いなら辞めればいいのに」と何度も言われながらも
負けず嫌いな性格から「一度始めたらできるようになるまでやりたい」と約半年間奮闘しました。

晴れて脱サラするも…

目標は、脱サラまでに10万利益!

しかし、目標は達成できてもできなくても退職日はやってきます。(当たり前)

 

結局、わたしは3万の利益しか出せていないまま
晴れて脱サラをしました笑

 

しかし、火事場の馬鹿力とはよく言ったもので、
脱サラした1か月後、わたしは20万の利益を出すことに成功!

 

でもそれと同時に、せどりを辞めることを決意します。

一つ目の理由は、前にも書いたようなネガティブな気持ちが払拭しきれなかったから。
二つ目の理由は、人の役に立つ仕事がしたかったからです。

…と言うと、「何きれいごと言ってるんだ」と思われるかもしれません笑

 

でも、これはわたしにとってすごく大切なことで、
会社員生活の中で一番のやりがいは『役に立てて、喜んでもらえること』でした。

 

前職は結婚式のムービー制作、前々職はアパレルの販売員。
“お客様から感謝していただけること”が何よりも糧になっていたんです。

 

なので、脱サラ後にせどりをいくら頑張っても、前月までの7倍稼げても、
人との関わりが激減したことで「誰からも必要とされなくなってしまった感覚」に陥りました。

 

大げさに聞こえますが、社会から取り残された感覚ですね。

情報発信を始めた理由

時間や場所を選ばずに働ける自由を手に入れたのに、
このままではわたしの理想じゃない…

 

会社を辞めて、せどりも辞めて、ここからどうしようかと思った時
次は、まず自分が幸せだと思えることを始めようと思ったんです。

 

そして、光成に助言をもらってYouTubeチャンネルとブログを開設しました。

 

冒頭でもお話ししたとおり、私たちは
50年後の幸福実現のために役立つ恋愛知識を発信しています。

 

誰といる時、何をしている時が一番幸せなのか。
その答えは人の数だけあります。

 

  • 家族と過ごす時
  • 親友と話している時
  • 美味しいものを食べている時
  • 趣味に没頭している時
  • 仕事をしている時

 

様々な場面で私たちは充実感や幸福感を感じますが、
恋愛を通して感じる幸福感は特別です。

 

わたしが恋愛で感じる幸福度にこだわる理由は、過去の恋愛にあります。

 

恋愛経験が少ない
・恋人から愛情表現をしてもらったことがない
・まともなデートもほとんどしたことがない
恋人から愛されていることを実感したことがない
・恋人に言いたいことも言えず、恋愛に自信がない
・恋人に甘えたり、「会いたい」「寂しい」の一言を言うことができない
・愛情表現やデートをしてくれる彼氏に出会えたのは27歳

 

光成と出会うまでは、ずっとこんな恋愛をしていました。

高校生や大学生で周りの友達が経験するような恋愛や
雑誌やコラムで読むような、自分と同世代の人が経験している恋愛を
27歳までしたことがなかったんです。

 

  • たぶん恋愛運ないんだろうな~
  • みんなどうやって結婚したいと思えるほど好きな人と出会ってるんだろう
  • 無意識にいい彼女を演じちゃう自分は、どうしたら素の自分で向き合えるんだろう

 

周りと比べては悩みまくって、恋愛に希望を感じられない時期もありましたし、
「いつか自分に合う人と出会って幸せになれたらいいな~」なんて思っていました。

 

経験も出会いも少ないくせに、常に受け身で人のせいばかり。

 

そんなわたしでも、
一緒にいて心から幸せと思えて、この先も大切にしたい将来を考えられる相手と出会えました。

 

 

「なんだ、運よかっただけね。」
「結局幸せを手に入れた人の自慢話じゃん。」

 

こういう話を見たら、昔のわたしならこう思っていましたね笑

 

でも、たまたま運だけで自分に合う人と出会えたわけではありません。

 

行動マインド次第で、幸せな恋愛は必ず手に入れられます。

 

「理想の相手と出会えて、今本当に幸せだな~!」
あなたも思っている側になれます。

 

数年前のわたしのように

  • まだこの人だ!と思う相手に出会えたことがない
  • 誰と付き合っても本音で向き合うことができない
  • 『辛い<幸せ』な恋愛がしたい

こんな風に思っているあなたに、より近い立場で気持ちに寄り添い
理想の幸せを手に入れるためのサポートがしたい!と思っています。

さいごに

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

あなたはどんな恋愛がしたいですか?
パートナーと実現したい理想の未来はどんな未来ですか?

ここを考えることが、初めの一歩です。

 

恋愛には悩みがつきものですし、
パートナーとの関係を真剣に考えるからこそ悩みも出てきます。

 

今、悩んでいるあなたに、わたしの言葉や価値観が届くことで、
理想の恋愛、理想の人生を一人でも多くの人が叶えてくれることがわたしの願いです。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

現在、メールマガジンの準備中です。

配信が始まりましたらご報告いたしますので、
まずは、LINEに登録いただければと思います!

 

☆★LINEで恋愛相談受付中★☆

LINEに登録していただいた方は、無料で恋愛相談を受け付けています。
ぜひ、お気軽にご連絡ください。

もしかしたら、相談内容をYouTubeでも発信させていただくかもしれません…!
(当然匿名で発信させていただきます)

友だち追加

※個人情報は厳正な管理をしており、 第三者への漏洩はございませんのでご安心ください
   

コメント

タイトルとURLをコピーしました